Archives2012

minitsuku

2012 第5回「見に行って、つくる」(ミニツク)展

「ミニツク展」は、中央線の各駅近くにある場所に、行って、見て、感じて、つくったモノを展示します。32駅制覇は32年かかる息の永い試みです。第5回は、立川駅近くにある「福永紙工」。紙の加工と印刷を得意とする50年の実績のある工場で、最近では、デザイナーといっしょに「かみの工作所」という活動をはじめたユニークな会社です。参加者は、紙を加工する工場を見に行って、どんなことを考え、どんなモノをつくったのでしょうか。紙から広がるそれぞれのイメージを手にとってもらえるとうれしいです。

会場|ORION PAPYRUS(オリオンパピルス) 立川市柴崎町3−2−1 グランデュオ6F 042−548−1711

会期|2012年10月6日(土)〜10月22日(月)会期中無休10:00〜21:00

レセプション|10月21日(日)17:00〜19:00 クラウドカフェ http://www.cloud-cafe.jp/

参加者|山口 諭、ハマネ洋子、菊田洋次、岩間 航、シブヤミライ堂、佐藤貴士、梶本博司、丸山晶崇、朝川賢一、鳴海暢平、藤原りわ、藤川征輝、梅澤万貴子、宮内賢治、マツナガエイコ、洪 華奈

会場構成|岩間 航  グラフィックデザイン|三星安澄  レセプション|フルタヨウコ  企画|萩原 修  運営|洪 華奈


sakuraDM sakuraDM-2

2012サクラモノ市「おめでとう」がはじまる春

サクラモノ市 2012 +サクラ散歩
春は、新しいことがはじまる季節です。新入学、新社会人、新生活、新居。学びも、仕事も、暮らしも、住まいも。そして、人のつながりも、新しい出会いを感じます。そんな季節に贈りたくなる文具や生活用品が並ぶ「サクラモノ市」。
好評につき昨年に続き2回目となる今回は、日本人デザイナー24名のてがけた良質なモノが集結し、デザイナー自ら説明する機会や、ワークショップ、工場見学なども開催されます。
また、地域の店や企業や団体の協力もと、立川周辺のサクラを見ながら、立川エリアの魅力を発見し、各店のおすすめが楽しめる「サクラ散歩」を同時開催。
お花見気分で「おめでとう」を探しに来てください。

{会期}3月28日{水}〜 4月10日{火}
{サクラモノ市 会場}
伊勢丹立川店 6階=駅側モール
{時間}10:00〜20:00




1期 3月28日{水} 〜 4月3日{火}
磯野梨影、梶本博司、山口英文、STORE、澄川伸一、寺田尚樹、 のぐちようこ、芳賀八恵、藤森泰司、三星安澄、minna、山口諭

2期  4月4日{水} 〜 10日{火}
浅野泰弘、石田和人、大友学、小野里奈、折形デザイン研究所、 seto、高橋理子、トラフ建築設計事務所、 DRILL DESIGN、村上雄一郎、山田佳一朗、yuruliku

ワークショップ「紙のかたち」
デザイナーといっしょに紙をさわりながら紙のかたちを楽しむ時間です。
● 3月31日(土)13:00〜15:00
● 4月7日(土)13:00〜15:00
申込不要、当日先着順、所要時間10分程度
{会場}
伊勢丹立川店 6階=駅側モール


2012-01

2012.01.01 あけましておめでとうございます。

龍は「甘露の雨を降らし、五穀を成就せしめる」と、古くから崇められている空想上の生き物。五爪は皇帝の紋章、ほかは四爪と区別されているそうです。
それとラーメンどんぶりのふちに描かれている四角い渦巻きは「雷」を表すらしいです。